Jan 2016

良薬口に苦し そして、進化の情報源

トップスタイリスト 岡本葉子 を指名頂いた 端整な顔立ちが際立つゲストの方。
お帰り前に写真を数枚 撮らせて頂きました。   

タイミングなのかは 定かでは有りませんが、最近
素敵Madam のゲストの来店が多くなった様に感じています。

201601301q11-1

20160130qqaswe

もうすぐ、福岡でデモンストレーションが行われます。 講演者は 都内原宿 銀座に8店舗 スタッフ数250名を展開するpeek a boo 代表 川島文夫、私の先生です。
今でも先生に会いに行くと思うだけでも とても緊張します。 本当はこの時の 張り詰めた空気が 時々私には必要で 半分その為に行っていると言っても過言ではないのです。
では近いうち・・・
 先生 に怒られに デモンストレーション出かけてきます。

IMG_5931
IMG_5929
IMG_5930

中に進むと国技館に勢ぞろいした力士や行司たち、歌舞伎役者、ジョン・レノンとオノヨーコ、三島由紀夫、山口百恵、AKB48。
50年以上にわたり時代の先端を撮り続けてきた写真家・篠山紀信の写真展が1月8日~2月21日、大分市美術館で開催。九州では熊本、沖縄に次いで3カ所目だそうです。

一般1000円/高校生・大学生700円/中学生以下無料 上野の森大分市美術館 ですのでお間違い無く。


いい旅は人生を変え、いいホテルは仕事と会社を変える。 東京六本木 レストランカシータ代表 高橋滋(たかはし・しげる)   


スクリーンショット 2016-01-22 18.14.31 ◀︎ Dubai 旅行記
スクリーンショット 2016-01-22 18.14.31 Arizona 旅行記

寒波

裏のみかん畑も雪景色、外気設置の温度計は−2度を示し窓ガラスは白く曇ってきました。 

20160124www
20160124wwweed
IMG_5111

こんな日は 靴底からも温まる 床暖房が頼りになります。

臼杵

キャッチコピーが 最高。
塩麹 600gを頼まれ、臼杵カニ醤油へ行きました。


20160120www
20160119qqqqqqqddew

指動かんし・・・それムリムリ・お見合い20才。

IMG_5897
IMG_5895
IMG_5892

コーヒー 本当に美味かった。 
穏やかな店主の作った
スズナリ カフェ。 店内のテーブルや椅子、コーヒーカップのチョイスはとてもシンプルで 私好み。
こんな事言うと「何処から目線」とお叱りを受けるかもしれませんが、この店主は 以前生活していた福岡で、良いものを
学習してきたのだなと 匂いの様なものを感じました。
 

臼杵市大字野田持田120 tel.0972-86-9005 臼杵IC付近のモスバーガー裏手。

成人式

華やかな着物を纏った新成人、付き添ったお母様方の表情を見て 更に私たちも嬉しくなりました。 (セット着付けの予約はお早めに)

0160110QQDWW
IMG_4755
016011cc0QQD

(セット・着付けの利用は早朝でも可能、詳細に付きましてはお問い合わせ下さい。)

二十代で渡米し、現在はニューヨーク マンハッタンで美容室を経営している、共に仕事をした先輩から嬉しいメールが届きました。

2016011233
2016011233bb
2016011233ffff

随分前 学生だったあの頃 、渋谷駅駅ビル(ハチ公横、東急デパート)のエレベータボーイが 私の アルバイト先でした。 ハチ公まで歩いて30秒程の距離にある そのエレベータには、今でも時より立ち寄り意味も無く乗ってしまいます。あの頃の夢は何だったのか、その夢はどれ位叶ったのかと・・・

昨日、
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を観るために駅ビル内のエレベータに乗り、各階や開閉のボタンを押していると何か懐かしい思い出が 突然頭を過ぎり「上の参ります」と、つい言ってしまいそうでした。 
ちなみその時のアルバイトで得た給料は、拘束3時間で実際にエレベーターに乗っているのは1時間半とかなり短い時間でしたが、現在の物価に換算すると16万円位は頂いていました。 今思うと 学生にしては結構な金額ですが、一番人気は深夜から早朝迄 行われる国際線 旅客機の機内メンテナンスのアルバイトでした。 
映画『ブリッジ・オブ・スパイ』予告A(120秒) お勧めの映画。
※下の画像をタップ頂くとYouTube動画がご覧いただけます。



IMG_9252
IMG_9371
20160112QAS
IMG_9336


2016年1日1日から、甥がドバイへ新婚旅行に行って来ました。
旅行の話を聞くと、初日からタクシーに乗るやいなや 不当に近い料金を請求されたり 少し危ないショッピングモールでは若干恐怖も感じる体験もしたようでが、翌日はクリークで船に乗ったりスークで買い物を楽しむなど非日常も満喫したとの事でした。
旅行最終日には私の指定したミシュラン 三つ星シェフがプロデュースするレストラン
STAY に足を運び、料理のクオリティーは元より最高のサービスを体験する事も出来とても感激していました。
『ところで、レストランの料金は?』と最後に私が尋ねると、1400UAEデイルハム( 43,000円 )との事でした。 
甥は感動する最高の
サービスが勝っている金額は二の次で あまり気にならなかったと話していました。

少し高くは付きましたが、
体験は人を育てますね。


戸次 帆足家 一楽庵 リニュアル 

20160113QWA

20160113QWADDD

20160119qqqqqqq

ファーストクラス

昨夜、Webで目を引いた内容だったと 最も親しい友人からCopy and Pasteされた長文のメールが送られてきました。

 ファーストクラスといえばビジネスの成功者の証し──。その特別な知られざる空間で、彼らはどんな気遣いを見せ、どう振る舞うのか。元国際線CAが長年の乗務から分析したビジネスエリートの“かっこいいマナー”とは……。

■自信にあふれた姿勢、的確に伝わる話し方

 ファーストクラスのお客様を見ていると、たしかにほかのクラスとは明らかに見た目が違い、「かっこいい」ところがあります。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによると、人の印象を決定づける情報は「目からの情報」が55%、「耳からの情報」が38%、「言葉の内容」が7%という割合に分けられますが、ぱっと見の第一印象が大きな割合を占めていることがわかります。しかし、ぱっと見の第一印象はよかったものの会話した途端にその人の薄っぺらさが見えたり、つまらなさがわかったりして、「第二印象」でがっかりさせられたことも多くあります。

 この第二印象を保つのは本人の責任ですが、ファーストクラスのお客様で、第一印象がよく、さらに第二印象もよい人の共通点はまず姿勢がいいことです。キャビンアテンダント(CA)は搭乗機のドアサイドでお客様を迎えますが、ほとんどの人はボーディングブリッジを俯き気味に猫背で歩いてきます。その中に姿勢のいい人がいるので、「あの人はファーストクラスだろう」と推測すると、その通りファーストクラスの席に座ります。なぜわかるのかといえば、堂々と振る舞っている人は正面を向いており、目線の位置が高くなり、遠く先々まで見渡せるような視線の送り方をしているからです。よい姿勢は自信の表れであり、かっこいい男のオーラを形成する大きなファクターです。

 CAはアイコンタクトといってお客様の目を見て、笑顔で挨拶します。お客様さえこちらを見てくれれば、必ず目が合うようになっています。そのタイミングはお客様次第ですが、ファーストクラスのお客様はご自身から進んで挨拶してくれますので、非常に早くファーストコンタクトがとれます。たとえばお客様をお迎えするときにこちらから「おはようございます」「ご搭乗ありがとうございます」などとお声かけをしますが、ほかのクラスではお客様から「おはよう」と返事があることは珍しい。日本人は根がシャイな国民性のためか、ニコリともしませんし、目が合ってもそらす人がほとんどです。ところがファーストクラスのお客様はCAが挨拶をする前に、笑顔で相手の目を見て「おはよう」とか「よろしくね」と話しかけてくれます。こちらも好感をもって「この方はいったい何をなさっている方なんだろう? 」と後でお名前や情報を確かめると、「ああ、あの会社の経営者さんなんだ」とわかり、さすがに相手の懐に飛び込むのが上手だなと感心しました。

 昔から「挨拶は先手必勝」といわれるように、最初に挨拶や意見を言った人がその場の主導権を握ります。その点でも起業して組織を大きく育て上げる経営者はイニシアチブを取るのがとてもうまいのだろうと思います。また、みなさん、トップの人間性いかんで組織が変わるほどの影響があることを理解しています。そのために自分の空気感をつくり、部下や周りの心を掴む術を熟知しています。相手を気持ちよくさせて、自分がイニシアチブを握ってしまう。するとよりよい結果が自分に返ってくるとわかっているのです。

 ファーストクラスのお客様はアイコンタクトもさることながら会話も上手で、気さくに話しかけてくださるし、聞く側が苦痛になるような話し方はしません。内容もユーモアあふれる話し方で自ずと緊張もほぐれてしまいます。それに伝えなくてはならないことを理路整然と話し、「この人は結局何が言いたいのかな? 」と思うような話し方をされる人は少ないですね。話がコンパクトで、きちんと頭の中でまとまっていて、相手に伝わるように的確な話し方をされます。それはきっと機内だけではなくて、お仕事でもそういう話し方をされているからこそ、機内のくつろぎの空間の中でも自然と表現できるのでしょう。

 また、どんなサービスにでも、きちんと私たちの目を見て「ありがとう」の言葉を添えてくれます。「ありがとう」と言ってもらえるだけでCAは感動します。人は相手の出方によって自分の出方を決める習性があるので、笑顔や言葉に接すると警戒心やバリアが解けて、CAも「この人のために何か役立てることはないか」という気持ちになってしまうのです。

アラビアのロレンス


昨年末 BSで放送されていた
NHKスペシャル 新・映像の世紀「第1集 百年の悲劇はここから始まった」はとても興味深い内容でした。その主人公をモデルとした映画「アラビアのロレンス」はTUTAYA賀来店で借りることが出来ます。
※下の画像をタップ頂くとYouTube動画がご覧いただけます。